不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合の注意事項などを簡単に書いてみます。土地や家などを売ろうと思ったら、不動産会社は売買の仲介をするということで広告を出してもらって買い手を探すということをするかと思いますが、最近では、不動産売買業者に買取をしてもらう方法もあります。この場合はその不動産の査定額はその会社によって査定額にも差があることが多く、その不動産の買取価格についてその会社の評価額をしっかりと見積もりをしてもらわなければなりません。

 

ここでのポイントは、この金額は業者により差があるのであまりに自分の希望通りでない場合には他の業者にも同じ不動産を査定してもらうのがよいですし、はじめから数社の不動産会社に売りたい物件の価格を聞いておくということをおすすめしたいと思います。その他にも、例えば、場合によって最初は仲介の形で広告を出して、買い手がなかなかつかないような物件を不動産会社が買取をしますよと提案するというということもあるかもしれません。

 

しかし、現実問題として不動産業者は仲介手数料だけもらうより、転売をした方が利幅が大きいために、自分たちの利益を優先するために適当なことを言ってなかなか買い手がつかなかったとして不動産会社が買い取ったという形にして買取価格を低く設定してその分利益を出そうとしている悪いうわさもあったりしますので、注意しましょう。